TEKTON FOLDING RATCHET

工具系エントリーが続きますが…
新しいラチェットハンドルを買ったらすごく具合がよかった!という話。

購入したのは、TEKTONの新製品、折りたたみできるフレックスラチェットハンドル。
今までありそでなかった構造に惹かれて、アメリカから購入してみた。
TEKTONって聞いたことなかったけれども、1991年に設立されたアメリカでは有名なメーカーだそう。
日本のアマゾンでも販売されてはいるものの、日本ではほとんど知られていないブランドのよう。

3/8 Inch Drive Folding Quick-Release Ratchetというのが、正式名称。
クイックリリースの有無で2種類ラインナップ。
クイックリリース有無に関わらず、同じ値段という謎設定。

米アマゾンにはまだリスティングされておらず、TEKTON直販サイトからの購入。

注文時は残り5つの在庫が、オーダーして1時間後に再訪したらSOLD OUTに。
人気品薄なのか、コロナの影響で台湾からの荷物が滞っているのかはわからないけど、今も品切れ継続中なので、タイミングよく買えたっぽい。
TEKTON直販はUSとカナダしか対応してないので、転送屋経由でオーダーから2週間半で無事到着。

第一印象はヘッドデカっ!!
とは言え、特別大きいわけではなく、3/8ラチェットとしては一般的なヘッドのボリューム。
ネプロスやスナップオンのコンパクトヘッドに慣れると、これが巨大に見える。
90°クランクした構造の分重さは増えてて240g。
標準的な長さのラチェットハンドル(KTC BR3E)でも264gなので、サイズの割には重たい。

特筆すべきところは2つ。
ヘッドとグリップの高低差がうまく手にフィットしてとても握り心地が良い。
握った中指、薬指、小指とヘッドの高さが揃って、短いハンドルでも操作性が良い。
このずっしり感と握り心地は結構好き。
一日中ラチェット握って作業する人、いわゆるプロには敬遠されそうだけどw

フォールディングすると、手のひらにちょうど収まるサイズ。
ほんと、こんなにシンプルなアイデアなのに、なんで今まで誰もやってない?って不思議。
ネプロスと同じく90ギア。
空転やギアのスムースさは、流石にネプロスの方が洗練されてる印象。(値段3倍以上ですし)
ネプロスのコンパクトヘッドフレックスは小回り効いてとてもいいラチェットなんだけども、その小ささが故に握り心地や操作性はお世辞にも良いとは言えず、総合力ではTEKTONのフォールディングラチェットも負けてない。

サッと片手でハンドルを折りたたんで、早回しという使い方が理想だけど、フレックスヘッドの動きが硬くて、片手での折りたたみ操作は難しいところはマイナスポイント。
緩めてみようと思ったら、インチサイズのHEX...普通のトルクスだった。
緩めたら少しだけ柔らかくなったけども、片手で軽く操作できるほどではなく。
使っていくうちに馴染んでくることを期待。

35ドルという価格からすると、なかなか良い道具だと思う。
もしかすると、ネプロス降格かもしれん。

コメントを残す