CustomGSX-R1000Motorcycle

BACK STEP-2

2020-09-28 — 0

main

CustomGSX-R1000Motorcycle

BACK STEP-2

2020-09-28 — 0

部品が全て揃ったので、取り付けしてくよ。


ちにみにこのエントリー、内容はほぼベアリングw

ベアリングはハンマーで少し入れたら、古いベアリングを当ててバイスで圧入。

一丁上がり!

と思いきや…

ベアリングのインナーレースが薄くて、インナーレースに当たるはずであろうカラーの凸部がシールに触れてしてしまう。
仮組みした時に、ブレーキペダルに抵抗があったので気づいたけれども、これに気づかず、締め込んだらおそらくシールが壊れてた。

例えば、バトルファクトリーのペダル用ベアリングはインナーレース2mm厚。
※バトルファクトリーHPでの説明
ステップバーの締付け圧力を維持する為、ベアリングのインナーレース部に特殊サイズ2mm厚を使用してます。

バトルファクトリー(左)、今回準備したNSK(右)は1~1.5mm、インナーレース厚の違いは明らか。

なぜ1つだけバトルファクトリーのベアリングかというと、ステップにオマケでついてたw

下はどちらも購入時に嵌ってたベアリング、右はバトルファクトリーと同じく約2mm厚のインナーレース。

推測だけど、右は純正で組み込まれていたもので、左はあとで交換されたものではなかろうか。
インナーレースが薄いため、カラーに押されてシールが壊れた、と考えると合点がいく。
左のこのベアリングもシールに歪みあり。

同じ轍を踏むところだった。

で、問題はこの2mm厚インナーレースのベアリング。
打刻品番で検索するとフランジ無しはあるが、フランジ付きが見つからナインデスヨ…..

特注品なのか?
アグラスに問い合わせて、部品として出なければ、バトルファクトリーのベアリングだなぁ。
バトルファクトリーのベアリングは一つ940円!な高級品…

ひとまずは、カラーの突起がシールを押さないよう、ワッシャーを挟んで対処。
カラー突起に磨耗があるのも気になるところ。

取り付けでもちょっと問題発生。
シフトレバーとBAZZAZのシフターセンサーのクリアランスが少なく、シフトアップ時にセンサーに擦れる。
ステップバー根元のカラーの厚みを増やせば、逃げられそうなので、とりあえずM8ワッシャー2枚でクリアランス確保w
適当なスペーサーを調達せねば…
こういう時に旋盤があればといつも思う。

ひとまず、左右とも組み込み完了。

元が7500円だから楽しんで直してるけど、これ、中古相場の適正価格で買ってたら完全にハズレだよ。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published.