A180 SPORTCameraCarGadjet

DR650-S 2CH

2016-10-29 — 0

main

A180 SPORTCameraCarGadjet

DR650-S 2CH

2016-10-29 — 0

SUZUKIか!?って、バイクネタではなくて、すっかり市民権を得たドラレコというやつ。


GoProだなんだ車載カメラはやってきたけど、実家の軽自動車にすら付いてるご時世にも関わらず、ドラレコについてはさっぱり無知でして…
ただ、無知なりにも条件はあって…

1.液晶無しWIFIスマホアプリ連動で
GoProやなんやで慣れてるし、1度設置したらフィックスなので、録画されてるかどうかだけインジケーターで確認できれば良し。なるべく筐体は小さくしたい。

2.駐車中録画対応
幸いにして、当て逃げ、イタズラ、という事をされた事は無いのだけど、どうせドラレコつけるなら駐車中のトラブルにも備えておきたい。

3.リアカメラ対応
どうせドラレコるなら、前後共に万全にするでしょ。

メルセデスの純正品は2.と3.の機能が無く、しかも高価ということで早々に却下。
で、たどり着いたのがBLACKVUE DR650-S 2CHってやつ。

不慮の事故や駐車中のトラブル、今後もしかして訪れるかもしれないであろう時のために、転ばぬ先のドラレコ。
活躍はしてほしく無いけど、何があるかわからないので、納車翌日、真っ先に取り付けた。
dr650s-5
ドラレコ相場的には高額な部類だけど、スペックには概ね満足。
スマホのAppもスムーズだし、設定できる項目も多岐にわたってて不足なし。
iPhoneでの動画プレビュー、レビューはもちろん、OTAで録画のダウンロードも可能。

ただね、筐体がイメージしてたよりデカイ…初代Conturを一回り大きくした感じ。
形状が似てるユピテルのDRY-V2、こっちは液晶付いてるにも関わらず、Blackvueより小さいとかいうオチ。
とはいえ、取り付けてしまえば気にならない。

取付け位置はガラス上端から20cm以内、もしくはミラーに隠れる部分に付けなきゃダメ、って法規があるみたい。
そんな理由でミラー横に付けてる車が多いんだけど、Aクラスはミラー下に付けてもOK.
ウィンドウのスラントが強いので、ミラーに隠れてドライバーの視界には入らない。
dr650s-3

駐車監視モードの電源は、POWER MAGIC Pro(PMP)というモジュールで管理。
常時電源から取り出した電圧をモニターし、設定電圧まで下がる、もしくは設定時間が経つと電源カットしてくれる便利モジュール。
dr650s-4
こういうのが無いとバッテリーがあがりますもんね。
グローブボックス上部に貼り付け、自宅以外に止める時はスイッチオンで駐車監視モードへ。

新車に手を加えるのはかなりドキドキながら、取り付けはDIY。
配線は、助手席フロアにあるヒューズボックスからAピラーロア → Aピラー → ヘッドライナー前端 → ミラーベースカバーを通してフロントカメラへ。
リアカメラの配線は、フロントカメラと接続する一本。
フロントカメラから折り返して、ヘッドライナー前端 → ルーフサイドトリム → バックドアのブーツ → バックドア。
綺麗に全てトリム内に収まった。
長めの配線はカット、シガソケ接続部分もカプラーに変更してスッキリと加工。
備忘メモ
常時電源 はヒューズNo36(助手席パワーシート
)
ACCは ヒューズNo70(センターコンソールシガーソケット)

リア画質がHDなのが少し不満ながらも、モニターで確認する限り、夜間でも後続車のナンバーぐらいは確認できるので、まぁ良し。
筐体はとてもコンパクトでフロントカメラの半分程度のボリューム感
dr650s-2

動画の長期保存が目的ではない、ストレージを気にしなくて良いドラレコや監視カメラでこそ、高精細な4K化が求められるよねぇ、と思いつつも、ローライトでの画質とか、動作時の温度みたいな確実性からいくと、現状はFHDが良い落とし所なのかとも。

事故バッチこーい!!(イヤ違う)

Leave a Reply

Your email address will not be published.