Brushless GimbalMultiCopter

OpenSourceBGC ver.49β

2013-06-09 — 9

main

Brushless GimbalMultiCopter

OpenSourceBGC ver.49β

2013-06-09 — 9

OpenSourceBoardのファームが49αからβになってたのでアプデしてみたよ。

機能面はセンサー方向の任意セッティング、センサー感度。RCからのチルト(ロール)コントロールのスピード設定項目の追加。チルト角が制限されてたバグもFIXされてますね。

osbgc49

相変わらず、アップデートごとにパラメーターの基準値が変わってて、
セッティング出し直しが面倒臭い所ではあるけど、GUIは飛躍的に使いやすくなった。osbgc492¥
良いなと思ったのは、パラメーターの変更がリニアにボードに反映されるようになったところで、いちいちSaveしなくても、スライダーを動かしてジンバルの動きを確認しつつ、丁度良い塩梅な数値を探せるってのは凄く良い。
PWNやPのセッティングが随分はかどった。

(上の画像はセッティングでてる値ではないので参考にはならんです)

軽く駐車場でフライトしてみたけど、現時点で性能はまだAlexMosの方が上かなぁ。ま、セッティング詰められてないし、使ってるジンバルが違うので、ほんと印象程度の話だけど。

9 comments

  • hide

    2013-06-09 at 3:27 PM

    Alexmosのボードですが、ファームの1.3は、入るのですが2.0が入りません。
    センサがどうしたこうしたと文句が吐き出されます。
    お時間がありましたら、一度試してみて下さい。
    私のだけダメなら諦めます。

    Reply

  • hightimes247

    2013-06-09 at 4:20 PM

    >hideさん
    FPV MODELSのAlexmosボードですが、ボクの環境では特に問題なく先日アップデートできました。
    Win7、AVRDudeR2.0.1.10でBaudrate115200、hexファイルはSimpleBGC_20b3.enc.hexです。
    知人でも2.0bのアプデでトラブってた方がいますので、なにかコンフリクト起こしてるんでしょうか…

    Reply

  • hide

    2013-06-09 at 6:16 PM

    言葉足らずですみません。
    私もFPVモデルの方はアップできるのですが、
    ラトビアから来たブツが問題ありです。

    Reply

  • hightimes247

    2013-06-09 at 6:31 PM

    >hideさん
    なんですって!そっちですかw
    まだ、ラトビアの方は弄ってないのでこれからチェックしてみます。
    しばしお待ちください。
    ん〜YAW軸に使おうと思ってたのだけど、2.0が入らないとなると困りますね。

    Reply

  • Shinji_Y

    2013-06-09 at 9:15 PM

    RCTIMERよりAlexmosのほうが良さげですかあ。
    DISOCに積むボード、Alexmosも検討してみたいと思います。

    Reply

  • hightimes247

    2013-06-09 at 11:01 PM

    >shinji_Yさん
    >RCTIMERよりAlexmosのほうが良さげですかあ
    ほんとかなり感覚的なもんですよ
    Alexmosの方から使い始めた、とかセッティングも慣れてるからだしやすい、とか色々とバイアスかかってますので(笑)

    Reply

  • hightimes247

    2013-06-09 at 11:26 PM

    >hideさん
    2.5時間程の格闘の末、書き込めました!
    何度やっても2行程のエラーメッセージ(stk500_getsync(): not sync: resp=0×–的なの)が続きましたが、
    ドライバ入れ直したり、PC替えてトライしたりと何度もしつこくやってるうちにイケました。
    ただ、成功する直前は特になにもしていないはずで、改善の要因はわからないです。
    AVRDudeRで1.3bをスラスラと書き込めて、そのまま続けて2.0bも書き込めました。
    何度もトライしてると上手くいく可能性が…てすごいオカルトな感じで…スイマセン。
    >センサがどうしたこうしたと文句が吐き出されます。
    この症状は一度も出なかったです。
    一度上手くいったあとは1.3bも2.0bも上書きできるようになってます。
    環境はAVRDudeR2.0.1.10でBaudrate115200。Macのbootcamp/Win7とNetbook/Win7のどちらも問題無しです。

    Reply

  • さっさー

    2013-06-10 at 10:12 AM

    おはようございます(^^)/
    OpenSourceでいろいろ試行錯誤しているのですが、今回の記事を拝見するとパラメータをセーブしなくても反映されるようになったとか…。
    そこで質問なんですが、この場合USBケーブルと電源とは同時に繋げられているんでしょうか?
    その点お聞かせ願えれば、と思いますm(_ _)m

    Reply

  • hightimes247

    2013-06-10 at 1:25 PM

    >さっさーさん
    どうもです。
    >この場合USBケーブルと電源とは繋げられているんでしょうか?
    ですね。LiPoも繋いでます。
    >パラメーターをセーブしなくても反映されるようになったとか
    最終的な保存は"Save to Flash"必要ですので、お忘れなく〜。

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.