CameraGadjet

月刊レンズ 6月号

2011-06-17 — 2

main

CameraGadjet

月刊レンズ 6月号

2011-06-17 — 2

来月もあるかも〜な含みを持たせつつもタイトルは適当。
今月はも少し遠くを撮りたいのってお話。

持ってるレンズで最も望遠なのはLEICAのMACRO45mm(35mm判換算90mm)。中望遠マクロってやつね。もう一声望遠なレンズが欲しいのさ。
パナの望遠レンズの選択肢は14-140mm,45-200mm,100-300mmの3本だて。愛機GF1の小さなボディに、これらのレンズはちょっと大きい。14-140mmはサイズは良いけど値段がお高い。
というか、このままM4/3マウントでいくの?なんて根本的な葛藤もありつつ…

ま、簡単に言うと、安くてカッコ良い望遠レンズを一丁!
ということで、先日届いたニューシット。

Sonar90
Carl Zeiss/SonnarT* 90mm F2.8

金属製の筐体とレンズでズッシリ、質感高いの。
ニューシットだけど、ニューじゃない。中古レンズでございます。
コンディションはミント。チリ一つございません。
今は亡き京セラCONTAXってのがカッコいい。当時不遇な扱いを受けたレンズが現代に蘇る!というのもまたストーリーがあってムフフ。言うよね〜オレ(笑)
って、今日の内容はほとんど先生からの受け売り。

で、これにこの輪っか。

Mount

Contax(G)-M4/3 マウントアダプターをちょちょいと噛ませてGF1にドッキング。

Gf1sonar90

これで換算180mmのチョロっと望遠レンズに。
メカニカルな佇まい。ブラックとシルバーのコントラストもなかなか精悍で。

レンズとマウント、合わせて諭吉っつあんが二人弱旅立ちました。
値段以上に調子がイイと名高いレンズ。ノンビリ楽しんでみます。
もちろんマニュアルフォーカスで手ぶれ補正もありゃしません。ぶれショットを量産する可能性大。
OLYMPUS機がちょっとうらやましかったりね…..

2 comments

  • アンチャン

    2011-06-19 at 5:21 PM

    問題はここまでのキャメラを持って行くと遠出の時に相当かさばるという事ですよね。
    綺麗な写真を撮るなら三脚が要るって先日教えてもらったばかりだから、それなりのバッグは覚悟しますが荷物が増えるのは嫌ですねえ。
    いかんせん北海道に17Lのシートバッグ一つで行くくらい荷物を積まない奴なので。

    Reply

  • hightimes247

    2011-06-20 at 12:41 AM

    >アンチャンさん
    そういうのを解決するためのものが標準ズームレンズだと思うのですが、うちでは一番使っていないレンズですw
    ボクは気分や目的でレンズは2本ぐらいに絞って持っていきます。今回はこの画角で撮る練習、って感じで縛るのも楽しいですよ。
    最小限にしたい時はコンデジを持っていきます。
    荷物は少なくしたいけど写りも求めたい場合は、CanonのS95やOLYMPUSのXZ-1のようなハイエンドのコンデジもいいかもしれないですね。

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.