MultiCopter

RF POWER METER

2014-08-08 — 6

main

MultiCopter

RF POWER METER

2014-08-08 — 6

VTxは製品ごと、CHごとに出力にバラツキがありますよね。
飛ばす環境や温度なんかでも変化するところなので、”体感”を拠り所にするのも心もとない。
計測しちゃえば無駄なく最適なCHを決められます、ということで電波強度を計測するの巻。
計測に使うのはImmersionRCの RF Power Meter(100ドル少々でした)
RF-Power-Meter-immersion-1
35Mhzから5.8GHzの周波数で計測できる優れもの。
RF-Power-Meter-immersion-3
まずは2台ある6ch運用のTS58500、これは熱による出力変化がかなり激しかったので、ファンで風当てつつ通電60秒経過時を計測。
CHごとに冷めるのを待っての作業は面倒くさかった…

①TS58500 5.8GHz/500mW
5705MHz 5740MHz 5745MHz 5780MHz 5790MHz 5800MHz
484.16mW 483.64mW 500.62mW 518.24mW 512.55mW 488.03mW

 

②TS58500 5.8GHz/500mW
5705MHz 5740MHz 5745MHz 5780MHz 5790MHz 5800MHz
514.82mW 511.93mW 501.11mW 489.99mW 519.45mW 487.99mW

ベスト値は②の5790MHz、とはいえ、先にも書いたように温度による出力変化が激しく、ほんの1-2秒でも数値が変わるのであくまで参考値、同一個体での相対評価程度にしかつかえないデータ。60秒経過以降もどんどん出力は落ちるので、通常使用で500mW前後出るとは思えない(笑)

Range Video 1.2GHz/500mW
1280MHz
332.46mW

一方こちらはわりと安定。通電後徐々に数値が上がっていき、60秒後では332.46mWでピタリ。
温度上昇で数値が下降する5.8GHzに対して、上昇していく1.2GHz…。

TBS BOSS 5.8GHz/500mW
5745MHz
363.73mW

通電直後は500mW程度で、60秒経過時は383.7mW。数値だけ見ると58500よりも劣るんだけど、BOSSの方が落ち込みが少なく数値変化は緩やか。
TS58500は通電直後こそ700mW以上でるけど、そこから右下がりで2分程度でBOSSと同等の数値まで落ちる。
TS58500に氷でも貼っとけば700mWは出る…かなとw

飛行時の風でどの程度の出力をキープできるのか一度計測する必要があるけど、5.8GHzにはヒートシンクを付けた方がいいかもしれない。

もちろんアンテナの相性や性能もチェックでき〼。
RF-Power-Meter-immersion-2

6 comments

  • 通りすがり

    2014-08-08 at 9:10 PM

    これいいですね!
    アンテナがどれも怪しいので調べてみたいです。

    Reply

    • hightimes247

      2014-08-09 at 12:45 AM

      >通りすがりさん
      一家に一台あると便利!
      ネタにした送信機の出力チェックよりも、実は、アンテナ感度のチェックの方が楽しめますw
      外で飛ばしながら感度チェックしてみようと。

      Reply

  • 黒執事

    2014-08-09 at 8:26 PM

    お久しぶりです。
    TS58500なんですが、やっぱりあまりよくありませんか?
    実は「FPV Equipment」の記事見て、「軽くて32chなら
    イイネ!」とばかりに私も注文したのですが、ポチッた直後
    にDisco.Proのマニュアルで、
    「do NOT buy, bad design!」(Page 9)とあるのを見
    つけてちょっとがっくりしてましたw
    TBSに「どう悪いの?」と聞いてみたら、「発熱が大きいの
    で冷却ファンで冷やさないと焼けたり壊れたりする」(超意訳)
    ということでした。
    とは言いつつ、局免が届くと(やっと届いたんです!)すぐにこ
    れの追加の変更申請を出しました^^;
    PS.私の場合、局免は申請が6/6,TSSの問い合わせに回答した
    のが7/6,TSSが書類を総務省に提出したのが7/18,免許到着
    が8/7でした。マスターによれば5.8GHz申請が増えて処理
    が立て込んでいるそうです。

    Reply

    • hightimes247

      2014-08-10 at 1:25 AM

      >黒執事さん
      どうもです。
      マヌアル、ちょいちょいアップデートされてる(最新2014.7.24)のでチェック必要ですね〜。
      TS58500、” bad design!” そう思いますw
      発熱凄いですし、出力の落ち込みも激しい。一応ヒートシンク付けてみましたが…オススメはしないかも。
      周波数に困ってるわけではないので、基本はBOSS使う感じです。

      局免随分とかかりましたね…
      詳細覚えてませんが、ボクの時はTSS通ってから1週間で届いたので、タイミングが良かったのかな。

      Reply

      • 黒執事

        2014-08-10 at 11:58 PM

        >hightimes247さん

        “bad design!”は、2014.03.04版のマニュアルでも記載されてますw
        しかし、そんなにしょっちゅう隅から隅まで読むわけではないし^^;

        私もBOSS基本で行きたいですが、あれってせめて24ch(6705が初めから持ってる)にはならないのと思ってます。

        ところで、TBS の mini (GEMINI)、アナウンスされてますね。
        クアッドではなくヘキサですね。

        Reply

        • hightimes247

          2014-08-11 at 12:20 AM

          >2014.03.04版のマニュアル
          そういえば記憶が…と初版のマニュアル見たら…そこにもBad Designと書いてありましたw
          さらに昔の無印DISCOのマニュアルにも書いてある気がします。
          TS58500に関しては新しい機種という事もあって全く気にしてなかった!
          1CHしか使わないにしろ、6CH運用できるVTXから最適なCHを選べる方が良いですよね。BOSSでは出力の良いCHを選ぶということができないので…

          >Gemini
          Geminiみたいに速い機体どう考えてもボクには扱いきれませんw(飛ばす場所も問題)
          QAV250で気軽な飛行が性に合ってるみたいです。

          Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.